津久井湖までお散歩

今日はお天気も良いので、歩いて津久井湖まで行きました。

まずは坂を下ります。

 

 

 

 

坂を下って歩いていくとお花屋さんがあります。

 

その先を、歩いていくと、

見えました。

さくら。

 

津久井湖です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしたら、ルピナスの花が咲きそうです。

そして、坂を下ったということは坂を登って、わが家に到着。

 

1時間半のお散歩でした。

 

☆しあわせセラピー☆

私はちっちゃいときから、体の具合が悪かったんです。

でも、「オレは体の具合が悪いから、学校に行けなかったんだ」って言うと、悲劇のヒロインみたいで暗い。

相手にも気を遣わせてしまいます。

私は、悲劇のヒロインなんかになりたくない。

どんなときも、明るく、楽しく、生きたいんです。

だから、「自分の好きで学校に行かなかったんだよ」って言ってると、話がだいぶ変わってくるんです。

もちろん、私の場合は本当に学校に行きたくなかったのですが(笑)

私の弟子のみっちゃんが、前にパーティーで乾杯の音頭をとったときに、「カンパーイ!」って言って、手を出したら、コップを持っていなかったそうです。

みっちゃん先生は、そのときのことを気にして、「思い出すだけで、冷や汗が出るんです」って言っているから、「その言い方、よしな」って言いました。

そういうときは、

「思い出すだけで、笑いがとまらなくなる」と言うだけで、人生って、違ってくるんですよ。

みんな過去をひきずっていて、

「自分はダメな人間だ」

「どうせダメだから、努力なんかしなくていいや」って言っているけど、過去を変えればいいんです。

昔あったことを、明るく、楽しい思い出に、自分の中で変えるんです。

この前も、おもしろいことがありました。

私は中学校の同級生に会うたびに、冗談で、「オレも生徒会長、長くやってたからね」って、何かにつけて言っていたんです。

もちろん私は、生徒会長なんか、していません(笑)

そしたら何年もたってから、同級生が私と会ったとき、「お前、生徒会長やっていたよな」って本気で言ったんです(笑)

過去のことなんて、誰も細かく覚えていないんです。

誰も覚えていないことを、何度も思い出して、自分を苦しめるのはやめましょう。

自分を苦しめるより、明るく、楽しく、生きましょう。

こういう考え方が、強運を招くんですよ。

斎藤一人 著
『強運』より

 

 

御心カウンセリング、癒しのカウンセリング、美開運メイク、生成発展塾、

大丈夫カード、

お問い合わせください。

07065136580

sachikoishii@gol.com

 

 

 

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です