奇跡の育て方

朝目が覚めたら,暗い、、夕方みたいな暗い朝でした。

私はこんな曇ったに日は村上春樹の本の中になった「獣の焼く匂いがする」っていう文章がいつも出てきます。

曇りの日でもこの文章の中に,ロマンを感じちゃうんです。

昨日の朝は、こんな霧だったらしいです。うちはよく霧が出ます。

先日の日立,タツヤ部長講演会で、「奇跡の育て方」っていう話をしてくれたんですね。

自分が「奇跡だ」って思ったら奇跡

奇跡を育てるには小さいことから見つけると、最小的には「ついてる人生」になるんだよ。

っていう,お話でした。

(タツヤ部長のお話は本当に良かったので,時々アップしますね)

雨引観音様で出迎えてくれた孔雀様、

この子たちもいつも逢えるとは限らないそうです。

これも「奇跡」だ〜〜。

そんな風に、小さな奇跡を喜んでいると、最終的にはついてる人生

そして、今日の奇跡です。。

ワカスギール。

先日、茨城のちーちゃんのお店にお邪魔しましたら,ワカスギールが並んでました。

「ワカスギール、いっぱいあるね」と聞きましたら。

ちーちゃんがいいました。

「だんだん、年齢がいってくると、おしっこの切れとか悪くなるひとがいて,そういう人に人気があるのよ〜〜」

実は私も,数年前に、おでこにイボがいっぱいできるわ、目が疲れて本は読めないわ、耳鳴りはするわ、立ち上がる時にふらつくわ、、、

老化現象?

言いたくない言葉だわ

でも、これがすごくいい感じに解消されちゃったのです。

歩き過ぎで、肝臓の数値がちょっと悪くなった母も、ワカスギールで、正常になりました,,それ以来、ずっと正常です。

そしたら、今、ワカスギールの注文がはいりました。

母が出てきたので、、母の話です。

芋がらを煮ようと思いました。

私は母の料理が好きで、家に帰ってきた時には作ってもらいます。

で,母は

「ずっと作ってないから,忘れちゃった」

といいながら、やっぱり,おいしく作ってくれます。

今日はわたしも芋がら料理しようとして、久しぶりでしたので芋がらの料理の仕方忘れました。

母と同じですね。

白菜が出ると

白菜のつけもの、いっぱい作ってくれたな〜〜〜って思い出します。

ひとりさんがね、子供にご飯食べさせて,学校に行かせて、そういう普通のひとが素晴らしいんだ、って言った言葉が最近よくわかります。

私も普通のひとが素晴らしいと思うし,好きです。

そんなタツヤ部長講演会あります

1月4日18時から ミューザ川崎会議室

参加費 5500円

二次会もあります。

どうぞ,ご参加ください。

そして、明るく楽しくなってください。

美開運メイク 1時間11000円

白光のカウンセリング 20分 11000円

ご連絡ください

とらねこ屋石井幸子 07065136580

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です