人の心に灯をともす。

 

夕暮れの鹿島田駅

 

そして、朝の鹿島田駅です、南武線が入ってきてます。

 

私は日常がすきです。

 

今朝は、そんな日常がほんとうは暖かくて輝いていて、やさしさで溢れているということを、感じさせてくれるメルマガをご紹介します。

 

毎日、配信してくださいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人の心に灯をともす。

 

 

【トントンという音】

医師、鎌田實氏の心に響く言葉より…

生きるって大変なこと。

これまで、たくさんの生と死に関わって生きてきました。

73歳のおじいちゃんの話をしましょう。

徐々に痩せてきました。

背中が張ると言って、外来にやってきました。

血液の検査や超音波検査、CTの検査をしました。

後腹膜に腫瘍が見つかりました。

すい臓がん。

リンパ腺にも転移がありました。

ご本人と優しい奥さんと、何度も治療法について話し合いをしました。

東京の息子さんも話し合いに参加しました。

おじいちゃん自身は、

「もういいな。手術はしたくない。抗がん剤が少しでも期待できるなら、苦しくない範囲で1回試してもいい」

これがおじいちゃんの自己決定でした。

自分の行く道を自分で決めたのです。

奥さんも息子さんも賛成しました。

僕自身がこの人の立場だったら、僕もこの選択をしたかなと思いながら、

「全力で支えさせていただきます」

と何度もの話し合いをまとめました。

ご本人の希望で緩和ケア病棟に入院しました。

「やるだけのことはやった。もういいな。とにかく苦しいのは嫌だな」

緩和ケアが始まりました。

痛みが取れると、彼は再びニコニコし始めました。

それでもご飯は食べられません。

「匂いを嗅いだだけで食べられなくなる」

「でもね先生、もう1回ご飯が食べたいな」

横についている奥さんが黙ってうなずきました。

「先生、1回外出させてください。気分を変えてあげたい」

根拠はないけどいいことだと思いました。

賛成、賛成と背中を押しました。

おじいちゃんもニコッと笑顔を見せました。

翌日、息子さんは東京の会社を休み、飛んできてくれました。

お昼から半日、家に帰りました。

夕方7時頃、おじいちゃんが病室に戻ってきました。

病室へ伺うと、おじいちゃんはニコニコしていました。

「先生、トントンがよかった」

「トントンって何ですか?」

「家に戻って、いつも自分が座るところに座って、夕陽が落ちるのを見ていました。

先生、夕陽がきれいでね。

目を奪われていたんです。

この庭も見納めかなと思っていました。

その時です。

お勝手からトントンという音が聞こえだしたんです。

女房のまな板の音です。

こんな音、何十年も聞き続けていたはずなのに、一度も意識したことがありませんでした。

女房もきっと意識していないんです」

奥さんが言葉を受け取った。

「何も意識していません。でも、この人が家に帰ってきてくれて、私はうれしくて、無意識の中で心が躍っていたんです」

おじいちゃんが続けた。

「まな板のトントンという音を聞きながら、生きてきてよかったと思ったんです。

シューッとご飯ができあがる音も聞こえてきました。

匂いも伝わってきたんです。

食べ物が運ばれてきても、その匂いだけで吐き気が出てたべたくなかったのに、音も匂いも心地がいいのです。

先生、食べれたよ。

お茶碗に3分の1ぐらいだけど、うまかった。

もう思い残すことはありません」

奥さんと息子さんが下を向いて泣き出しました。

このおじいちゃんは間違いなく生きている。

死は近づいているかもしれない。

けど、そんなことはどうでもいいんだ。

いま生きているという実感が大事。

『1%の力』河出書房新社

富山県の砺波市という町に、ガンで亡くなった井村和清さんという方がいた。

彼は医師だった。

右膝に巣くった悪性腫瘍の転移を防ぐため、右脚を切断したが、その甲斐もなく、腫瘍は両肺に転移してしまった。

そして、昭和54年1月に亡くなったが、その時の遺書がある。

「ただ、ようやくパパと言えるようになった娘と、 まだお腹にいるふたり目の子供のことを思うとき、 胸が砕けそうになります。

這ってでももう一度と思うのです。 しかし、これは私の力では、どうすることもできない。

肺への転移を知った時に覚悟はしていたものの、 私の背中は一瞬凍りました。

その転移巣はひとつやふたつではないのです。

レントゲン室を出るとき、私は決心していました。

歩けるところまで歩こう。

その日の夕暮れ、アパートの駐車場に車を置きながら、 私は不思議な光景を見ていました。

世の中がとても明るいのです。

スーパーへ来る買い物客が輝いてみえる。

走りまわる子供たちが輝いてみえる。

犬が、垂れはじめた稲穂が、雑草が、電柱が輝いてみえるのです。

アパートへ戻ってみた妻もまた、手をあわせたいほど尊くみえました」『いま、感性は力』(致知出版社)より

人は、死を意識し、覚悟を決めた時、世の中が輝いて見えるという。

いいも悪いも、全ての存在を肯定し、認めるからだ。

そして、いままで何でもなかった当たり前だったことが、この上なく愛(いと)おしく、幸せに感じる。

二度とない人生、この一瞬一瞬を大切に大切に生きてゆきたい。

■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です