ニューヨーク その2

こんばんわ。

私は昨日なにやったかも忘れちゃうので、ニューヨーク編早く書かないと全く忘れちゃいます。

というわけで、

ニューヨーク3日目です。(正格には4日目ですが)

 

歩いて、橋まで(どこの橋だっけ?。。。ほらね,すぐ忘れちゃう)歩いていったのです、途中で道がわからなくなると,誰かに聞くのですが、、誰でも親切に教えてくれます、旅行している人たちは「僕もわからないんだよ」とスマホで、教えてくれます,本当に親切な人ばかりでした。

 

 

 

毎日歩いているので、足も相当お疲れです。

そこで、地下鉄に乗ることにしました。(今から思えば最初から乗れば良かったのですが)

電車に乗ったのは正解でした、橋の上から自由の女神が見えたからです。

「自由の女神」が見えた時、

あっ、あの有名なニューヨークに来たと思いました。笑

橋を往復して町に帰ってきました。。。

そのあと、お買い物を楽しんで、ホテルに帰りました。

ホテルはエンパイアスステイトビルディングの近くです。

毎朝、マフィンとコーヒー、紅茶,ミルクが用意されてます。

おいしいマフィンでした。

 

 

そして、本命のへそ道、、11月3日4日とありました。

へそ道 ふーちゃんのブログです

 

そうです、へそ道を受講するために、ニューヨークまで、来てしまいました。

うれしすぎます。

ここ最近、行きたいと思っていたニューヨークとへそがうまく合致しましたの。

これは神様からのプレゼントだ、、と思いました。

神様がいけ〜〜〜〜、、、とね。(そう勝手に思いました)

 

へそ道仲間のようこさんが写したエンパイアステイトビルディングからの風景

 

 

夕日が沈む時も美しい〜〜

 

良ーく見ると自由の女神も見えるんですよ〜。

ここで、2日間へそ道をしました。

 

ランチはここ、、、ニューヨークで有名なところとか。。

 

 

ひとりさんファンが多くてびっくりでした。

 

 

2日間のへそ道応用編、、、

おもしろかった、、、視野が広がった、、自分で責任がとれる範囲が広がった。
ひとりさんのいっていることがよ〜〜〜く分かった。
私がへそ本体で生きれたら、宇宙中に感謝の量が広がる気がした。
ご先祖様も家族も喜ぶ気がした。
私の中の抵抗が少なくなる気がした。
大丈夫  なんとかなる〜〜。大安心の中で生きられる気がした。

2日間のへそ道が終わりました。

ニューヨークへそ仲間のみなさま、本当に感謝です。

ニューヨークで毎日,生きて働いて,家族と過ごしているお仲間のみなさまも同じようなことで悩んで喜んで、つながりを感じました。

あああ〜〜〜〜、楽しかった。

 

 

すばらしい11月の詩。特に今月は感じます。

 

☆しあわせセラピー☆

自分は、花として生きているだろうか。花のような顔をしてるだろうか。

そういう目で、鏡見ないとダメだよ。

人間界の花で、振り向いちゃうようじゃなきゃダメなの。

だって、他人は、まず外見から入るんだもん。

「人間は中身ですよ」っていうけど、中身って他人にはわかんないもん。裸になっても、わかんないんだよ。

洋服着てなくても、あなたの心の中は誰にもわかんないんだよ。

それなのに、「中身で勝負です」って、いってる人もいるけど、中身で勝負する前に、包装紙とか、いろいろあるでしょ、って。

いろいろあってはじめて選んでもらえるじゃない?

それでもって、「素敵な人ですね」って、いわれるんでしょ。

人と話をしているとき、肯定的なこといったり、ね。

否定的なこといわないで、
「私は胴長だけど、座ると人より目立っちゃって、ツイてるんです」っていってる人がいたら、私はその人にホレボレするよ。

だけど、順番ってあるじゃない?

相手は、外から中へ入って来るんだよ。

その外をしっかりしないとダメだよ。

ブランドものを買え、とかいってるんじゃないんだよ。

高価なものを買え、っていってるんじゃないの。

あなたは、花なんだよ、って。

私のお弟子さんたちも、ピンクの服を着たり、いろんなキレイな色の服を着るの。

それで、女性はどんどんキレイになる。

男性は、どんどん魅力的になるの。

そしたら、ここが天国なの。

だって、男が魅力的で、女がきれいだったら、天国でしょ。

ますます死にたくなくなっちゃいますよ(笑)

ここが天国なんだよね。

斎藤一人 著
『心が千分の一だけ軽くなる話』より

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です