ご先祖様の幸せはわたしにかかってる。

この本、めちゃくちゃ面白い。

わたしの好き〜〜な不思議な話がいろいろ載ってる。

なんだか、この文章、、、、

懐かしい、、、気がして、二度読みしなおしたら

思い出した。

わたしの体験談だ。

わたしはイスラエルから帰ってきて、赤塚高仁さんからプレゼントされたこの本を読んでいた。

この中に、ドイツの女性がイスラエルの男の人と知り合うが、お父さんが受け入れない話が載っていた、

ドイツ人の彼女はイスラエルの人に対して、罪悪感を持っている。

と言う件で、わたしはひどく心が痛みました。

だって、その彼女が何をしたわけじゃない。

そんなことが心に残っていてのワーク中のことでした。

わたしは、世界中の人の中にある、持つ必要のない「罪悪感」を無くしたい、と思ったのかもしれない。

そして、まず、わたしから「罪悪感はもういらな〜〜い」と叫んだら。

ご先祖様がずらずらっと並んで

「やった〜〜〜」と喜んだのでした。

ですからね、

ご先祖様はあの世で十分幸せだとは思いますが、

わたしの幸せがどんだけ大切なことかって、思ったのであります。

終わりです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です